2011年 02月 07日

何と言うか

今月末に初めて、ハンガリーの作曲家クルターグの作品を歌う。
 「何と言うか 」
失語症で歌えなくなった女性歌手のために書かれたものだ。
オリジナルの詩はサミュエル・べケットのフランス語、クルターグはそれを
歌手のためにハンガリー語に訳して作曲した。
今回のコンサートでは高橋悠治さんが日本語に訳したテクストで演奏する。
テクストの意味はフランス語に、言葉のリズムやシラブルはハンガリー語にそって。

声を生業にする者にとって
発声できなくなる、言葉が出なくなるイメージほど恐怖を感じることはない。
今まで声がでなくなった経験といえば、あの春。
風邪の初期症状がありながら何時間も歌い、その後お酒を飲んでしまった21歳の。
翌朝起きた時には、ゴジラの効果音が再現できるのどになっていた。
その日から1週間、筆談で過ごした。

そんな経験しかないものが、どうやってこの曲を演奏できるのか。
起きている間はなにかしら声のこと、息のことを考えながら生活してきたが
この曲を演奏することが決まってからさらに、
身体が言葉や音を発信するとはどういうことなのか
つきつけられることになった。

常々、人前で演奏するのは裸になることと同じと思っているけれど
この作品を演奏するのはさらに「骨になる」感がある。
一音、一音を身を削るように演奏していた、初演の歌手の焦燥と痛みが
こちらの身体をレントゲンのように透かしてしまう。

*コンサートの詳細はダウランドアンドカンパニイのHPでどうぞ←

# by hatano-mutsumi | 2011-02-07 01:04 | エッセイ
2011年 02月 02日

R 指定

歌うものを自分で訳すようになってからずいぶんたつが、きっかけは
既訳で使われていた人称だった。
演奏時のイメージと違うことがよくあり、違和感を感じてしまったのが理由。
訳者とこちらの年代の違いや、曲から受けるイメージの違いからくるもの
だったのだろう。
以来、新しい曲をコンサートにのせるたび
色んなところから助けをかりながら、うんうん言って訳している。

私 僕 わたし あたし 俺
   君 あなた そなた お前

1行の歌詞にも人称が頻出するのが英語だ。
プロの翻訳家の方が「会話ではまず人称をとってから訳す」と言っていた。
日本語の会話の中では使わずにすます事が多いから。

歌詞カードの対訳をやるようになると、音楽を再現する演奏と同じく
書かれたことにどこまで忠実にか?
という問題に直面する。
日本語としてきちんと説明すればするほど、本来意味するところから遠くなる。

一番難しいのは「艶もの」だ。
ルネサンスもバロックも
歌詞の内容の色っぽさ、猥雑さはとんでもなく、「R指定」のものが多い。

今回のツアーで歌うパーセルの有名な某曲もそう。
大人すぎる。
訳すのは苦労ひとしお!

パーセルのツアーは明日からとなりました。
艶もの話を聴きに 京都・横浜までいらしてください。
大人の街だー!

# by hatano-mutsumi | 2011-02-02 11:21 | エッセイ
2011年 01月 24日

マッド・ソング

狂気の女性といえば、現代では
オペラは「ルチア」芝居は「オフィーリア」
バロック時代のイギリスでは「ベス」がその代表の名前だった。
男の場合は「トム」。

パーセルの時代「マッド・ソングー狂気の歌」というジャンルの歌が人気を博した。
その原因は色々あげることができるようだが、
現在もパーセル作品を演奏する歌手に「マッド・ソング」は人気だ。
舞台にのせたがる人が多い。
自分もです。罠の多い曲と知りつつ。

「ベドラムのベス」はパーセルのマッド・ソングの中でもっとも頻繁に演奏される。
ベドラムとは当時ロンドン郊外にあった精神病院の名前だが、
病院とは名ばかりの場所だった。
ここを観光する“馬車ツアー”まであったいう。
「ベドラムの」とつけば「狂気の」と同じことを意味した。

パーセルの「ベス」はこんなナレーションで始まる。

 静かな影の中から 恋の病を治しに ぼろを着たベスがやってくる

音楽のスタイルは数十秒ごとにめまぐるしく変わっていく。
ダンスのようかと思えば、
メランコリックな旋律があらわれ、
火が付いたように早口でまくしたてる語りの直後、
魔女の呼び声が響きわたる。

くるくると変化する歌を歌っているのは誰か?ベスか?ほかの誰かか?

誰でもあり、誰でもない。
 
 この世のすべての法から自由 ワラにくるまって 王様のように輝かしい

こう深い憧憬を抱かせる歌の主人公ってあまりいない。
「ソリチュード」公演で「ベス」歌います。

      *コンサートの詳細はダウランド・アンド・カンパ二イのHPでどうぞ←

# by hatano-mutsumi | 2011-01-24 23:08 | コンサート
2011年 01月 07日

2011

明けましておめでとうございます
2011年が皆さまにとって素晴らしい年となりますように!

どんなお正月をお過ごしでしたか?
年頭ともなると
「今年はどんな生活になるかな」「こういう事を生活に取り入れてみようか」
など思いを馳せたりいたします。

生活の中の改めたい様々もさることながら、
お正月からパーセルの事を考えていました。

17世紀に人生を送ったパーセルはどういう生活をしていたのか??
その姿は現在周囲にいる「超多忙」の人々の日常と重なります。
演奏し、作曲・編曲し、学校で教え、プロジェクトを企画し、人の面倒を見る・・・etc。

パーセルは20歳頃からロンドンの主要な音楽ポストを歴任し始めました。
その働きぶりはすごかった。
王室の行事があれば作曲・演奏し、教会でオルガンを弾き、聖歌隊で歌い、
そしてロンドン市民の愛好する芝居のための音楽を作り、リハーサルし、公演し・・etc。
ポストを歴任していたということは、その才能の証明であるとともに
いっぱい働かないと食べていけないくらいに、王室その他からの払いが渋かった
という事実があるようです。
その頃のイギリスはいわゆる「戦後の復興期」に近く、
世の中は開放的になり勢いがあるけれど、国庫にお金はまったくない、という状況。
パーセルの残した手紙に「お願いですから支払いしてください!」と頼んでいるものがあります。

10代から働いて働いて、30代半ばまで一気に駆け抜けた男は、
では、仕事ばかりして 生活や人生を楽しむ暇はなかったか?

相当に楽しんでいたと感じます。
彼の曲を歌うたびにそう思う。
常に「現場」の活気を感じるからです。

「ソリチュード」ツアー・プログラムは全曲パーセルの歌です。
パーセルの生活感・生命力に会いに、どうぞいらしてください。

*コンサートの詳細は ダウランドアンドカンパニイのHPで←

# by hatano-mutsumi | 2011-01-07 13:58 | エッセイ
2010年 12月 08日

ソリチュード 

2月のはじめに京都、広島、横浜とコンサートツアーをやります。

チェンバロの芝崎久美子さんと、パーセル歌曲だけの演奏会。
各会場ともかなり小さなホールです。
しかし天井が高い!
三カ所とも、チェンバロ一台でパーセルを演奏するのに理想的な空間ばかりです。

タイトルの「ソリチュード」はパーセルの歌の中で現在最も
“ひたっ”とくる曲。
ベースの部分が同じ音型を反復する“グラウンド”というスタイルで書かれていて、
有名なアリア「ダイドーのラメント」も このグラウンド・ベースの上で
歌われるものです。
パーセルはこの手法がよほど性にあっていたらしく、
他にも「ひとときの音楽」など、とにかく良い曲が多いのです。

私はこのグラウンドものが大好きで、今年リリースしたパーセル歌曲集のCDでは
半分が“反復モード”になってしまいました。
 
魔術師・パーセルの手によるグラウンドの魅力は
“ずらし”と言えます。
反復するベースの歩み、メロディはその上で
遊ぶ・身を翻す・ゆらぐ
などしながら 詩を語っていきます。
演奏の際にベースとメロディの縦線がぴたりと合うのもよし、合わないのもよし。

こちらが受け持つメロディは、その日会う聴衆とのやりとりで
どのくらい空気を含んでいくかが変わる。
聴衆、と書きましたが
客席の皆さんは私にとって、非常に能動的な存在です。
動かないのにアクティヴ。

パーセルについて、また書いていきます。
次回は
Mad song 狂気の歌。

(ご案内は←ダウランドアンドカンパ二イのコンサートページにあります)

# by hatano-mutsumi | 2010-12-08 22:24 | コンサート