<   2013年 10月 ( 2 )   > この月の画像一覧


2013年 10月 27日

フィガロ

来年3月に50歳になる。半世紀。
それを前にして初めて、ケルビーノをやることになった。
彼は10代半ばの色気たっぷりの少年です。

ボーマルシェによる「フィガロ3部作」は
「セヴィリアの理髪師」「フィガロの結婚」ときて「罪ある母」で終わる。
2作目「フィガロ」では伯爵夫人に憧れる少年としてケルビーノが描かれるが、
3作目「罪ある母」にはその二人の間にできた息子が登場する。
その間20年が経過したことになっている。

「恋とはどんなものかしら?」というタイトルで知られる小さなアリアは、
少年ケルビーノが憧れの伯爵夫人を前にして想いを歌うもの。

いわゆる「ズボン役」で最も知られるのがこのケルビーノだと思う。
「イドメネオ」の王子イダマンテのように
初演時にはカストラートが歌っていたものを現代ではメゾが演じる、というものではなく、
ケルビーノ初演は元々ソプラノだ。
女性が思春期の少年を男装して演じる上に、劇中では少年が女装するシーンもある。
シェイクスピアでもよくあるが、舞台で二重に性の転換が行われるのだ。
ケルビーノは移ろいやすい若さを湛えた、魅力ある年頃のキャラクター。
それに加えてこの転換を観客は楽しんだのかもしれない。

移ろい果てた若さに加え、更年期のお年頃で、この役に取り組むのもまた一興。
________________________________________

11月22日(金)24日(日) 北とぴあ「フィガロの結婚」
                指揮:寺神戸亮
                スザンナ:ロベルタ・マメリ

by hatano-mutsumi | 2013-10-27 14:11 | コンサート
2013年 10月 04日

ららら

5日土曜日の夜9時半から、NHKのEテレ(教育テレビのことなのですね)
「らららクラシック」に出演、
ヘンデルの「オンブラマイフ」を歌ってます。


♪サックスとピアノのトリオ「風ぐるま」公演は今週末♪

@大阪公演 10月5日(土)2:00pm/7:00pm開演(2回公演)
ドルチェ・アーティスト・サロン
全自由席 4,000円(当日は¥500UP)
ドルチェ楽器 大阪店 Tel:06-6377-1117 
                             
@東京公演 10月6日(日)5:00pm開演
アーティストサロン“Dolce”
全自由席 4,000円(当日は¥500UP)
ドルチェ楽器 東京店 Tel:03-5909-1771 
d0166890_9125645.jpg"

by hatano-mutsumi | 2013-10-04 09:00 | コンサート