<   2012年 06月 ( 2 )   > この月の画像一覧


2012年 06月 13日

ドビュッシーの子守歌

子守歌はよく演奏するけれど
アカペラの曲は意外にないものです。

17日に演奏するのはドビュッシーが芝居のために書いた子守歌で、
しかし結局、舞台では使用されなかったそうです。
メロディは古いシャンソンやノエルそのもの。
歌詞には妖精と子どもが出てくる。
花びらを降らす妖精と、それに包まれる子ども。
最後に妖精が子どもにつぶやく言葉が心に残る。

ピアノソロはヴァルス(ワルツ)がたくさん。
そういえばカミーユ・クローデルの作品に「ワルツ」という彫刻があったなあ。
ドレスの動きが、北斎の描いた波を思わせる。
水面をすべっていくような二人。
音楽も周囲の人間も、なにも存在しない。
そんな感じのとても小さな作品だった。
彫刻家はドビュッシーとも親交があったらしい。

<ドビュッシー生誕150周年シリーズ第2回>高橋悠治 with 波多野睦美
 神戸新聞松方ホール 6月17日(日)15時開演

by hatano-mutsumi | 2012-06-13 08:47
2012年 06月 07日

ドビュッシーの季節

明日から2泊3日で札幌に行ってきます。
どさん娘のピアニスト、河野紘子さんの地元でのコンサート。
ライラックがまだ残ってるといいなあ。

来週は高橋悠治さんのピアノとドビュッシーを歌う。
この季節の色とリンクする作曲家だ。
グリーンからブルー、そして紫へというグラデーションが
ドビュッシーの音と重なる。

今回歌うのは「ビリティスの3つの歌」に加えて
ドビュッシー自身が詩を書いた「Nuits blanches」という2曲。
「白夜」と訳されているものがあるが、
悠治さんの訳では「眠れない夜」となっている。

ドビュッシーが女性にとって、どんなタイプの恋人だったか、
この2つの詩で十分にわかる。
・・・あまり爽やかではありません。
でも、好きですね!曲は。

このほか初演の曲もたくさん。珍しいアカペラの「子守歌」もあります。
ドビュッシーのアカペラの子守歌なんて、今回初めて知りました。
楽譜は出版されていないそうです。

後半はサティ、イギリスの作曲家クリストファー・ホッブスなど。
かなりクールなプログラム。

<ドビュッシー生誕150周年シリーズ 第2回>高橋悠治 with 波多野睦美
6月17日(日)神戸新聞松方ホール 15:00開演

by hatano-mutsumi | 2012-06-07 17:01 | コンサート