<   2012年 04月 ( 3 )   > この月の画像一覧


2012年 04月 26日

マクシミーンよ

シュテファン・ゲオルゲという詩人の言葉を来月歌う。

シェーンベルク作曲 弦楽四重奏 第2番
3楽章と4楽章にドラマティック・ソプラノが加わるものです。

「連祷」「離脱」というこれらの詩は、16歳で病死した少年
マクシミーンをうたったもの。
少年は13歳の時に詩人と出会い、「ゲオルゲ結社」の一員となったのですが
3年に満たないうちに逝ってしまいました。

シェーンベルクの作品は初めて演奏します。
実際に4本の弦楽器の真ん中でリハーサルを行ってみて、
ストレートな強靱さというものを感じた。
にごりなく、突き抜けて、いつしか成層圏にまで行ってしまう感じ。
違う世界に運ばれることに迷いがない感じ、とも。

個人的には、この詩を5月に歌うのはいいなあと思う。
なにかに向かう季節ですもんね。
マクシミーンよ、永遠に。

<サンガクシャ・コンサート>5/20(日)14時開演 
 浜離宮朝日ホール
 共演:モルゴーア・クァルテット

by hatano-mutsumi | 2012-04-26 22:17 | コンサート
2012年 04月 16日

脱皮!

竹の鳴る音も 動きも両方好きで
窓から竹林が見える場所に住んで もう3カ所目
以前リビングのバルコニーから
竹の子が脱皮する瞬間を見た

竹の子は毎日ぐんぐん下から伸びてくる
3階のバルコニーの高さまで細長く育ったところで ある日
ぱあーーん と一斉に茶色の皮がはじけ
花火のように 柔らかい竹が空に放たれた

皮はどうした!? とバルコニーから首を出して下を見ると
地面にぱらぱら散っている

若竹として外の空気に触れた瞬間 まだ竹は白い
すぐに肌は青く強く変わっていく

ゆうべは温泉の熱で蒸した竹の子をいただきました

by hatano-mutsumi | 2012-04-16 21:18 | エッセイ
2012年 04月 07日

アルテス

季刊「アルテス」の第2号が発売されました。
エッセイの連載が始まってしまいまして、
「うたうからだ」というタイトルで書いてます。

アルテスは季刊誌なので、年4回の発行です。
次の発売は7月
ということは締め切りは・・・・
うーん。
何事も 明日できることは今日やらない主義(体質)ですが、
筆の速度は 譜読みより更に遅いので 
今度こそ早くとりかかろう!
と「思って」ます!

by hatano-mutsumi | 2012-04-07 17:11 | エッセイ