カテゴリ:エッセイ( 53 )


2012年 05月 26日

現実からの

このところよくブログを更新してます。
季刊「アルテス」3号の締め切りが近いからです。
エスケープ!
ブログ更新のほかには

クローゼットの整理
本棚の整理 
ベランダの掃除
バスルームのカビ落とし

など逃避策多し。締め切りあると家がきれいになるのねー。

<朝のコンサート> 6月5日 11時/14時 開演 ハクジュホール
 共演:バロックハープ 西山まりえ
 詳細はダウランド・アンド・カンパ二イのHPで←

by hatano-mutsumi | 2012-05-26 10:19 | エッセイ
2012年 05月 22日

凹みの愉しみ

オリーブオイルを流す喜びを味わえませんでした。
ゆでていると思っていたら、いつのまにか焦がしていたからです。
ひよこ豆が黒いパチンコ玉に。
「香ばしい」を通り越した、炭の匂いになりました。

フムスってロンドンではスーパーのデリ・コーナーに必ずあった気がするけど
こちらではあまり見かけませんね。
く〜!
トルコレストランに行こう!

<朝のコンサート> 6月5日 11/14時 2回公演 ハクジュホール
 共演:バロックハープ 西山まりえ
 詳細はダウランド・アンド・カンパニイのHPで←

by hatano-mutsumi | 2012-05-22 18:45 | エッセイ
2012年 05月 21日

旬のものでなく

皐月の風がここちよい。

今日はフムス作るぞー!
ゆうべ水につけておいた ひよこ豆。
ゆでて、練りごまとにんにく
クミンをほんの少し入れてミキサー。
ひよこ豆の皮をとる時間はあるかなあ〜?
いつもは大抵、人が来る1時間前からしか料理を始めないけど
今日は早めにとりかかろうかな。
かつおのたたきも作ることだし。

フムスはお皿にぽってりと盛って、オリーブオイルを流し込む凹みを作るのも
楽しみのひとつ。

<朝のコンサート> 6月5日(火)11/14時 2回公演:ハクジュホール
 共演:バロックハープ 西山まりえ
 詳細はダウランド・アンド・カンパ二イのHP←で

by hatano-mutsumi | 2012-05-21 14:29 | エッセイ
2012年 05月 14日

立山

富山の声楽家協会で講習会をやってきました。

ご褒美は立山連峰の眺め。
信じられない美しさでした。
特に昨日は山脈の下の部分がかすんでいたので
まるで雪を頂いた山頂だけが空に浮かんでいるかのよう。
市内を車で走りながら小高い場所にさしかかると、
街の背後に雪の山が現れる。
ビルや住宅の上方に見える巨大な絵があまりに幻想的なので
イリュージョンに思えたほどでした。

富山での驚きはもうひとつ、水の甘さ。
柔らかい。
あの山から来るんだから当然か。

<朝のコンサート> 6月5日 11時/14時 2回公演 ハクジュホール
 共演:バロックハープ 西山まりえ
 詳細はダウランド・アンド・カンパニイのHPで←

by hatano-mutsumi | 2012-05-14 18:41 | エッセイ
2012年 05月 03日

旬のもので6

そろそろ関アジの旬の時期です。
「せきあじ」と読みます。
大分県の佐賀関(さがのせき)でとれるアジ。
関サバと並んで今では高級ブランド魚となってますが、
同じ豊後水道でとれたものでも
一本釣りしたものだけを「関サバ・関アジ」と呼んでよいそうです。
大分出身のわたしは最近まで
「関ジャニ」を「せきじゃに」と呼んでいました。

関モノでなくても美味しい、アジやサバの干物で作る地中海風サラダ。

干物を焼いて、身をほぐし
チシャ、アスパラガス、きゅうり、玉ねぎ、プチトマト、セロリなどと
たっぷりのレモン果汁とオリーブ・オイルで和える。

黒胡椒must。
ゆず胡椒でもgood!

*「朝のコンサートvol.2」6月5日ハクジュホール 11時/14時の2回公演
  共演:バロックハープ 西山まりえ
  詳細はダウランド・アンド・カンパニイのHPでどうぞ←

by hatano-mutsumi | 2012-05-03 22:27 | エッセイ
2012年 04月 16日

脱皮!

竹の鳴る音も 動きも両方好きで
窓から竹林が見える場所に住んで もう3カ所目
以前リビングのバルコニーから
竹の子が脱皮する瞬間を見た

竹の子は毎日ぐんぐん下から伸びてくる
3階のバルコニーの高さまで細長く育ったところで ある日
ぱあーーん と一斉に茶色の皮がはじけ
花火のように 柔らかい竹が空に放たれた

皮はどうした!? とバルコニーから首を出して下を見ると
地面にぱらぱら散っている

若竹として外の空気に触れた瞬間 まだ竹は白い
すぐに肌は青く強く変わっていく

ゆうべは温泉の熱で蒸した竹の子をいただきました

by hatano-mutsumi | 2012-04-16 21:18 | エッセイ
2012年 04月 07日

アルテス

季刊「アルテス」の第2号が発売されました。
エッセイの連載が始まってしまいまして、
「うたうからだ」というタイトルで書いてます。

アルテスは季刊誌なので、年4回の発行です。
次の発売は7月
ということは締め切りは・・・・
うーん。
何事も 明日できることは今日やらない主義(体質)ですが、
筆の速度は 譜読みより更に遅いので 
今度こそ早くとりかかろう!
と「思って」ます!

by hatano-mutsumi | 2012-04-07 17:11 | エッセイ
2012年 03月 29日

ロマネスコ

romanesca というとフレスコバルディやカッチーニの歌が頭に浮かぶ。
romanesco は気になる野菜です。
ブロッコリの一種。
初めて八百屋さんで見た時は、食べ物とは思えず
あまりに気になったので、買った。
包丁を入れる時には軽く勇気がいったもんです。

ジャクソン・ポロックのTV番組を見ていたら
彼の贋作を見分ける時の決め手のひとつが「フラクタル」にあるとのことだった。
ロマネスコもフラクタル形状。
気になる理由が同じところにあったのね。

しかしポロックは見ていて落ち着くのに、ロマネスコはざわざわしてきます。
このブロッコリには「やりがい君」という名前もついてるらしい。

by hatano-mutsumi | 2012-03-29 13:02 | エッセイ
2012年 03月 18日

旬のもので 5

ひと雨ごとに春
明日はまた花が咲いてることでしょう

そら豆が出始めてうれしいな〜
釜揚げしらすとそら豆のパスタは 春になると何回も作ってしまう
イタリアのピアチェンツァ出身のロベルタ(マメリ)は
 gianchetti
としらすのことを呼んでいた
「調味料はオリーブオイルと塩だけ」
彼女に作り方を聞いた時にそう言っていました
塩だけなんて、途中で飽きちゃうかな、と思っていたけど
最近はもっぱら、にんにくも使わずに「塩」と黒胡椒のみ

菜の花のサラダがあれば 春気分もさらに↑ です

by hatano-mutsumi | 2012-03-18 20:42 | エッセイ
2012年 01月 01日

初春

はつはる 美しい音の言葉です

新しい年をいかがお迎えですか

何年ぶりかで初詣に行って 升酒をいただきました

風邪にしつこくつかまっているので

中味は同行者にあげましたが 升の木の香がうれしい

参道の途中に しめ縄の大きな輪っかがあって

それを8の字をかきながらくぐると

願いが叶う らしいです

九州では見たことがないものでした

東京の松飾りって クールですね!

友人宅で もう咲き始めたろう梅をひと枝わけてもらい

よい香りに包まれた元旦

by hatano-mutsumi | 2012-01-01 14:25 | エッセイ