2014年 02月 28日

CD発売コンサート

d0166890_8581914.jpg


バロックと現代の曲を演奏するトリオ「風ぐるま」のアルバムが出来上がります。
4/14のコンサートで発売開始。

バッハ「マタイ受難曲」やパーセルのほか、バロック音楽における悪趣味の極み、
マレの「膀胱結石手術図」再演です。
ヴィオラ・ダ・ガンバとフランス語の朗読による原曲の、風ぐるまバージョン。
麻酔のなかった時代、結石除去の手術を受ける恐怖の情景を、
日本語の朗読と、あり得ない高音でいななくバリトンサックスでお届けします。
ラストに快復のシーンを迎えるのが救いの1曲です。
[栃尾さんの名誉のために書き加えますと、
 当然ですが「いななく」だけではありません。
 あれほど極上の柔らかいピアニシモで空間を満たしてくれる楽器、
 奏者はいらっしゃらないでしょう]

高橋悠治さんの曲では、語りと歌の合間を行き来しながら
こちらの身体を様々な人々が現れては過ぎていくのを経験する。
いろんな人生。いろんな一瞬。

 女:わたしのことなんか もう忘れていたのでしょう
 男:忘れていたよ いまきみがきたとき 誰だろうこの人は と思ったんだ
   誰なのですか きみは
 女:ほんとうに忘れたのですか 私はたわむれに言ってみただけなのに
                 (六番の御掟について:辻征夫)

 
 とどまるもののない世の中で 
 私だけが鮮(あた)らしい筈はなく
 私だけがそのままの筈はない
                 (古い狐のうた:永瀬清子)
___________________________________
お問合せ・チケット取り扱い プリマ楽器 03ー3866ー2223
              東京文化会館/イープラス
              前売4000/当日4500 全席自由

by hatano-mutsumi | 2014-02-28 16:24 | コンサート


<< 秘話の宝庫      結婚行進曲 >>