2014年 02月 04日

はまりもん

好きなことが仕事になってしまったこともあり、
この歳までいわゆる趣味というものがなかった。
ところが、1年ほど前からある方に「句会にこない?」と誘われて、
創作なんて絶対無理です!と答え続けていたが、
昨年の9月につい出かけてしまった。句会に。
秋のコンサートシーズン用の譜読み、そのあまりのヘビーな量と内容に
現実逃避を起こしたのである。
とにかく音楽以外のことを考えたかった。

あれは、9月とはいえ日差しの強い晴れた日だった。
10人ほどの人が集合するなり、宗匠は
「では今日は吟行にしましょうか。1時間半後に3句作って再集合ね」
と言い放たれ、それから皆さん近隣の広い公園に散っていったのである。

私は俳句に関しては宗匠の御本を2、3冊読んだだけ、という
蚤のような知識量で参加し、パニックを起こした。
“ギンコー”ってなんだっけ?!
というくらいのもんである。

あまりの緊張に、吐きそうになった半日。
しかし、
そぞろ歩いて五感に受けたものを詠むという時間、
その後の「選評」の時間に、
普段とは全く違う身体の感覚、言葉への感覚を呼び起こされ、
緊張からの強烈な疲労を凌駕して、結果「楽しさ」だけが心身に残ったのでした。
疲労は激しかったですね。
翌日は「知恵熱」ならぬ「俳句頭痛」を起こしたくらい。

先日は俳人の堀本裕樹さんのラジオ番組にも出てしまい、
俳句やってます、とカミングアウトしてしもた。
この冬も何日も寝込んだが、その間もベッドで俳句、作ってたな。
今日のお気に入り。

 いま一つ椿落ちなば立ち去らん___松本たかし

by hatano-mutsumi | 2014-02-04 20:04 | エッセイ


<< 結婚行進曲      朝のコンサート >>