2013年 04月 25日

東海道

新幹線に乗って名古屋を過ぎると、空気が変わる気がする。
言葉も、味も、変わる。
わたしは東海道を走りながら名古屋を通る頃になると
あ〜西に来た〜、と緩む。

東では緊張してるのか?? よくわかりませんが、
周囲が標準語でなくなるのは大きいのでしょう。
東北出身の友人は関西弁を聞くと、私と逆の反応を示す。

「全国アホ・バカ分布考」という本をすすめられて読んだのは、何年前だろう。
愛読書の一つ。「探偵ナイトスクープ」というテレビ番組の企画に端を発した本だ。

東ではバカといい、西ではアホという ではどこでその線が引かれるの?

そんな素朴な疑問から、調査は拡がり、深まりして、この本となったそうだ。
まず番組調査員が東京を出発して、東海道を進みながら人々に
「バカ派? アホ派? どっち?」
と質問していく。
東京〜静岡あたりまでずっと「バカ」が続いたところで、名古屋に着く、すると
「タワケ」
に変化。 ここを読みながら、ガハハと笑っていたら、あれ?と気づいた。
故郷・大分でも「タワケ」を使うではないか!?
というか、使われていたではないか。
親友からよく「あんた、何、タワケたこと言いよるん」と。

東と西の間のどこかでシンプルに線が引けるだろう、と始まったこの調査は
延々と続き、やがて柳田邦男の「蝸牛考」に匹敵するものに発展。
この本は文庫化されて、新潮社から、ぶあつ〜い1冊が出ている。

明後日の土曜から西。 西に行くと元気が出るような ♪
神戸クレオールで初めて歌います。
ライヴハウスのある三宮の坂道が、なんだか「神戸」らしい。
と、九州モノは感じいります。
*クレオールは全面禁煙
http://www3.ocn.ne.jp/~creole/

by hatano-mutsumi | 2013-04-25 22:22 | コンサート


<< カラダのきもち      おんなじやん >>