2013年 04月 15日

おんなじやん

今日はナレーションの収録に出かけました。
5月放送分の「スペイン編」。

ナレーション収録時に注意すべき点が、
歌う時とまったく同じ癖をもっていることに、驚き、あきれる。
以前、シェイクスピアやダンの英詩の朗読をレッスンしてもらった時にも
同じことを指摘されたなあ。
文の終わりのピッチを下げてしまうことだ。

英詩の朗読では、楽譜のない歌を覚えていくような感覚で
英語のリズムやイントネーションを身体にいれた。
その時に、文の最後のピッチを上げることにえらく苦労した。
歌でも常に、フレーズの最後を押すことなく、かつ、のみこまないよう
気をつける必要がある。

それにしても、歌う前には
メロディや音階でのウオーミングアップはしないくせに、
ナレーションの前には、色々歌ってるんだな、これが。

歌ってる 新作 youtube はこちら。
リハーサル現場の臨場感あふれる響き。
音割れして、レトロ感もあふれてしまいました。
http://www.youtube.com/watch?v=nD68e33KfmM

by hatano-mutsumi | 2013-04-15 20:46 | コンサート


<< 東海道      つぶやきの現場 >>