2012年 09月 16日

CDマイブーム

紫式部が色づいています。
せみの声も静かになって、蒸し暑さは残っていても季節は確実に変わっている。

今時に聴く南米の音楽もまたオツだ。
まだまだビールはおいしいし!
来月ご一緒するギタリスト、大萩康司さんのおすすめ、
BOLA DE NIEBE というキューバの歌手のCDにはまっています。

雪だるま という意味のネームだそうで。
このおじさんの歌を聴くと同じテーブルで宴会しているような気分になれます。

このCDの前にヘビーローテーションだったディスクは、
ELLA FITZGERALD の「Take love easy」だ。
ギター1本で歌っている。
夜じゅう聴いていたい音楽。
そういえばこのCDを教えてくれたのはやはりギタリストの、福田進一さんでした。

人と共演したり、ご飯を食べたりすると、新しい音にも会える。

<朝のコンサート> 10月10日【水】11/14時 2回公演 ハクジュホール
 ギター:大萩康司 ブラジル風バッハ5番:オブリビオン ほか
 *詳細はダウランド・アンド・カンパニイのHPでどうぞ←

by hatano-mutsumi | 2012-09-16 09:49 | コンサート


<< 秋の演奏会      札幌でバッハ >>