2012年 08月 26日

旬のもので9

とうもろこし、なんでこんなに美味しいのか。

生のとうもろこしの実を包丁で削いで、
バターで炒め、お醤油をたらり。

野菜の旬に敏感になったのは今の住まいに引越してから。
すぐ近所に有機野菜を扱う八百屋さんがあり、そこでぷりぷりの野菜を
ゲットできるようになった。
お店に入るとすぐに、旬がわかる。
今並んでいるのは、

なす、とうもろこし、オクラ、ピーマン、かぼちゃ、そして枝豆各種。

九州では「なすび」と言います。
関東ものの軽く3倍くらいの長さで、焼きなすをグリルで作る時には大変です。
野菜でも果物でも大きく育てるのが好きなのが九州。
熊本の「ばんぺいゆ」、鹿児島の「桜島大根」etc。
大きいことはいいことだ!

歌にも旬ありです。
特に日本の歌の場合、プログラムに入れたいな〜と思っても
あまりに季節はずれだとあきらめる。
9月の末にハープと演奏する日本の歌を増やしてみることにした。
城ヶ島の雨 浜千鳥 など。

夏の気温が10月まで続く昨今。
曲目選びも難しい。

<月の沙漠> 9月30日 17時開演 日本福音ルーテル大分教会
       共演:バロックハープ 西山まりえ
*詳細はダウランド・アンド・カンパ二イのHPでどうぞ←

by hatano-mutsumi | 2012-08-26 10:47 | エッセイ


<< 今朝の雨      立秋後  >>