2012年 04月 16日

脱皮!

竹の鳴る音も 動きも両方好きで
窓から竹林が見える場所に住んで もう3カ所目
以前リビングのバルコニーから
竹の子が脱皮する瞬間を見た

竹の子は毎日ぐんぐん下から伸びてくる
3階のバルコニーの高さまで細長く育ったところで ある日
ぱあーーん と一斉に茶色の皮がはじけ
花火のように 柔らかい竹が空に放たれた

皮はどうした!? とバルコニーから首を出して下を見ると
地面にぱらぱら散っている

若竹として外の空気に触れた瞬間 まだ竹は白い
すぐに肌は青く強く変わっていく

ゆうべは温泉の熱で蒸した竹の子をいただきました

by hatano-mutsumi | 2012-04-16 21:18 | エッセイ


<< マクシミーンよ      アルテス >>