2011年 11月 20日

メサイア

大分でのメサイア公演にアルトソロで参加します。
中学生の頃から演奏に接してきた「市民合唱団ウィステリア・コール」との
初めての全曲メサイア。

アルトのソロは、かなり低めの音域です。
「He was despised」は第2部の冒頭、受難の場面で歌われ
メサイア全曲中で最高のアリアといわれている。

聴いていて気持ちいいのは、序曲が終わってほどなくのテナーのアリアです。

ずいぶん前のこと、
地方の特急電車の中でメサイアのCDを聴きながらレコ勉していた。
新緑のトンネルをくぐる間、ちょうどそのアリアになった。

軽やかな足取りの弦楽器の上を、テナーの声が疾走していく。

車窓の美しさとあまりにぴったりで、忘れられない一瞬です。
____________________________________

ヘンデル オラトリオ「メサイア」特別演奏会
〜大分市民合唱団ウィステリア・コール創立60周年記念〜
        指揮:大谷研二

2011.11.26(土) 18:15開演 大分 iichiko グランシアタ 
お問い合わせ:平居 090−1516−7264

by hatano-mutsumi | 2011-11-20 20:57 | コンサート


<< ひそやかに      アメージング・グレース >>