2011年 02月 19日

オンリー

長い間楽譜を持っていて気になっているのに 演奏の機会がこない
そういう曲はけっこうある。
来週神戸と福山で歌うモートン・フェルドマンの「オンリー」もそうだった。
高校の合唱部の後輩から
「これいつか歌ってください」
と譜面をもらったのは、もう15年くらい前。
アカペラの、ごくごく短い作品だ。
短い、とか
音が少ない、とか
好きだなあ。最近ことに。

コンサートではこの曲に次いで、ケージの「18の春のすてきな寡婦」も歌う。
パーカッションはふたをしたピアノ。
それと、3つの音だけで作られた歌の旋律。
楽譜にはケージの手書きで
 ビブラートなしで フォークソングを歌うように
と指示されている。

この他に、前述したクルターグの「何と言うか」
加えて、去年高橋悠治さんに書いていただいた「長谷川四郎の猫の歌」
今回はピアノと歌だけのバージョンです。

この曲集を高橋悠治さんからプレゼントされたブックデザイナーの平野甲賀さんは
今発売中の「idea」という雑誌で特集されています。


*コンサートの詳細はダウランドアンドカンパ二イのHPでどうぞ←

by hatano-mutsumi | 2011-02-19 21:33 | コンサート


<< 2011年3月      時代の音 >>