2011年 02月 13日

時代の音

仙台・東北学院大学でのレクチャー・コンサートシリーズ「時代の音」が
昨日無事に終了。
さわやかな緑の中の1回目、
残暑(36度以上!)の2回目、
雪景色の最終回。
杜の都の自然をしっかり味わえたシリーズだった。
スタッフの皆さん、本当にお疲れ様でした。

普段、曲の解説以外の声や身体のことを
コンサートにいらしたお客様の前で話すことはない。
このシリーズが始まる前は一体何をどう話そうかと色々考えていたが、結局は
いつも頭をめぐってることを、めぐってるようにしか話せなかった。
つまりこのブログで書いているようなことだ。
と言うほど更新してませんが。

準備してもやはり、お客様の反応によってその時々に話す方向は変わっていった。
そこが一方通行のブログとは違う。
自分にとってはごく普通の当然のことを話しているつもりの箇所で
「!!!」「???」
という空気が会場に満ちると、自然そちらを詳しく話すことになったから。

いわば“メイキング”を話す時間をともなった、珍しい演奏の場だった。

by hatano-mutsumi | 2011-02-13 23:55 | コンサート


<< オンリー      何と言うか >>